HOME > Suica/ICOCA(スイカ/イコカ)

Suica(スイカ)とは?

Suica(スイカ)」 とは、JR東日本の新しい出改札システムで使用されるICカードの総称です。「Super Urban Intelligent CArd」の頭文字をとって名づけられました。さらに、“スイスイ行けるICカード”の意味も込められています。

JR東日本 HPより


Suicaは上記のあげたように、JR東日本の出改札システムの電子マネー、定期・切符に代わるものだったのですが、さまざまな機能が付与され、今では駅のコンビニをはじめ、さまざまな場所で利用可能な電子マネーに成長しました。

電子マネーとしては、Edyには適いませんが、少しずつ利用箇所も増えています。

HOME > Suica/ICOCA(スイカ/イコカ)

Suicaへのチャージ/ICOCA

Suicaへのチャージ方法は2つあります


  • Suicaご利用可能エリア内の駅にあるSuica対応の「自動券売機」「カード発売機」「のりこし精算機」で入金(チャージ)

  • ビューカードで購入・入金(チャージ)


ビューカード/JAL カードSuicaであれば、チャージ可能ですので、JRのSuicaを頻繁使う方は、JAL カードSuicaをお勧めします。

ただし、Suicaのチャージ限度額は2万円ですので、コンビニなどでの支払代行には足りませんし、JAL カードSuica(ビューカード)ユーザー限定です。


ICOCAとの互換性

現実点では、メリットの薄いSuicaですが、少し視野を広げると、使い勝手が広がります。

Suicaの関西版とでもいうべき電子マネーとして、ICOCAがあります。
機能はSuicaと使えるエリアが違うというだけで、ほぼ同じ。

ならば、関西でもSuicaを使えるようにすれば、便利なのにと誰もが思うところですが、そこは殿様商売のJRなので、客の利便性は二の次です。


と、JR批判を仕方がないので、先に進みますが、実はICOCAへのチャージはビューカード以外の一般クレジットカードが使えます。

そして、客の利便性を考えてかどうかわかりませんが、JR東日本内でICOCAJR西日本でSuicaの利用が可能になりました。

JR東日本HP


Suicaは関西でクレジットカードチャージ

つまり、Suicaを持って、関西のICOCAエリアへ行けば、そのクレジットカードチャージ可能です。

駅構内など、クレジットカード不可・SuicaOKのお店で間接クレジットカード払いができます。

ただし、繰り返しになりますが、Suicaのチャージ限度額は2万円です。
わざわざチャージをしに関西に行く、ということをしても割りに合いません。

旅行・出張などで、関西に行ったついでにチャージをしてくる、くらいの気持ちで利用するのがちょうどいいのではないでしょうか?